車両価格
1,080万円
( 成約手数料込 1,135万円 )

ツウのための2ドアサルーン

コーニッシュとは、南フランスはコートダジュールの湾岸沿いを走る風光明媚な道路の名前です。もともとはベントレーの試作車(1939年製)に使われていました。1931年からベントレーはロールスロイス傘下となっており、後にその名前がロールスロイスとベントレーの豪華なパーソナルモデルに使われることとなったのです。

60年代後半、ロールスロイス&ベントレーは4ドアサルーンのシルバーシャドウ&T1をベースとした2ドアスポーツクーペおよびドロップヘッドクーペ(オープン)モデルを、マリナー・パークウォード社に造らせます。

戦前のロールスロイスは、メーカーがナカミ(シャシーやパワートレーン)を造り、外板ボディパネルは外注先のコーチビュルダー、イタリアでいうところのカロッツェリア、が客のオーダーを聞いて好みのカタチを製作していました。マリナー・パークウォード(MPW)は1960年代まで英国に200、300社も存在したコーチビュルダーのトップ2、マリナー社とパークウォード社が合併して誕生した、言わば世界一のボディ製作会社だったのです。合併を主導したのもロールスロイス社でした。

71年、ロールスロイスおよびベントレーは2ドアクーペ&オープンの豪華で贅沢なモデルに“コーニッシュ”という名前を使うことになります。

コーニッシュのメカニズムは基本的に同じ年代のサルーンのものを使っていますが、ボディパネルはMPW謹製で、イメージこそシルバーシャドウなどに似るものの同じパーツは全くと言っていいほどありませんでした。つまり、スタンダードモデルとは全くの別物で、セダンの単なる2ドア版では決してなかったのです。製造に要する時間もスタンダードサルーンの2倍を要したと言われています。

搭載された伝統の6・3/4千cc(6747cc)のアルミ合金製V8OHVエンジンもまた、熟練の職人によるハンドビュルド品でした。

当時のコーニッシュシリーズには大きく分けて四種類存在します。最近、クラシックモデルとしてとみに人気のシリーズがアイアンバンパーの1stシリーズで、年代によって細かく分ければ6、7種類の仕様が存在すると言われています。

コーニッシュの歴史を大きく分ければ、キャブレター仕様がコーニッシュⅠであり、インジェクション仕様となり内外装がモダンになった86年以降がコーニッシュⅡ、90年以降のエアバッグ付きがコーニッシュⅢ、92年以降はフル電動式オープンと4AT(それ以前は一部手動の電動幌で3AT)のコーニッシュⅣ、となりますが、クーペボディのコーニッシュが存在したのはシリーズⅠのみでした。


西川淳の、この個体ここに注目!

77年式のコーニッシュです。

クラシック&ヴィンテージカーの世界では有名なガレーヂ・イガラシの所有となる個体で、もちろん自社で内外装および機関系のレストレーションを受けています。

なかでも仕上がったばかりという2トーンのボディカラーが目を惹きます。ロールスロイスのイメージとはある意味かけはなれたポップなコーディネーションですが、それがかえってマリナー・パークウォード製2ドアサルーンの魅力を引き立てているように思えます。

近寄ってつぶさに見てみると、なんとブルーもホワイトもパールが入っている。通常、クラシックモデルに最新のパールペイントを施すと、仕上がりがどこかチグハグな雰囲気になることが多いのですが、このクルマにはそれがありません。なぜならパールが非常に細かく、均等に散りばめられているからです。ペイント技術の高さを物語るものだと言っていいでしょう。ちなみに元色はホワイトでした。

ボディまわりのゴム類や前後ウィンドウのシールラバーも交換されていました。テールレンズも新しい。ダークブルーのインテリアもリペイント済みで、カーペットも新調されています。工具やジャッキなども揃っていました。

機関やアシ回りも入念に手が入っています。エンジン関係で交換されているのは、タペットカバーパッキン、ウォーターポンプ、ベルト類全て、ホース類全て、ラジエターコア、ヒーターバルブ、チョークヒーターパイプ、エンジンマウントで、キャブレターやオルタネーター、スターターはオーバーホール済みです。

アシ回りやブレーキ関係では、前後ハブベアリングシート、前後キャリパーシール&ピストン、ブレーキホース全て、ブレーキポンプシール、前後ブレーキポンプハイプレッシャーパイプ、下回りブッシュ&ブーツ、コラムシャフトカップリングラバー、リザーブタンク内クリーン・フロート、タイヤなどが交換されており、アキュームレーターは安心のカートリッジタイプへと換装されています。

オドメーターはわずかに6200キロ。新車並行物で実質的には1オーナー。前オーナーの話はとても興味深いものでしたが、公開は憚られます。ぜひオーナーとなって、そのあたりの逸話もぜひ、引き継いでください。

車両スペック

年式1977
初年度
排気量6,747cc
走行距離6,200km
ミッション3AT
ハンドル
カラーホワイト×ブルー
シャーシーNo
エンジンNo
車検なし
出品地域埼玉県
iOSアプリダウンロード
iOSアプリダウンロード