車両価格
400万円
( 成約手数料込 416.73万円 )

ウェスタン物、2オーナー、オリジナル度高し

W110型、通称ハネベンのあとを受けて68年に登場したW114型(6気筒モデル)のメルセデスベンツ。当時のメルセデスは今でいうところのSクラスが基本モデルでしたから、それより小さなモデルということで“コンパクト”と呼ばれていました。とはいえ、/8(スラッシュ8)=W114型は後にW123、そしてW124へと続く系譜の上流モデルにあたります。つまり現在のEクラス相当の先祖というわけです。ボディサイズ的には最新のCクラスと同じくらいと言えますが、半世紀前ではそれでもやはり大きめサイズのクルマだったと言えます。

W114では様々な革新がもたらされています。サスペンションシステムを一新したことなど注目の技術的ポイントは多く、とりわけ最大のニュースとしては燃料噴射装置として初めてフル電子制御方式のボッシュDジェトロニックを採用したことを挙げることができるでしょう。この後メルセデスはKジェトロ登場までこのシステムを使い続けます。

6気筒モデルの他に4気筒ガソリンや5気筒ディーゼルモデル(これらはW115と区別されています)が存在し、ボディバリエーションもセダンとLWBリムジンがありましたが、なかでも今なお人気のモデルが2ドアクーペ(セダン)です。トランスミッションは4速オートマチックのみ。

73年にビッグマイナーチェンジを実施。フロントグリルはより低くワイドとなり、併せてヘッドライトも低い位置に備えています。Wバンパーもシングルタイプへと変更されました。サイドミラーの大型化と、それに伴っての三角窓の廃止もマイナーチェンジモデルの特徴です。

大人気を博したW114およびW115は76年まで190万台以上が生産され、W123型へとバトンタッチされました。


西川淳の、この個体ここに注目!

サルーンがおよそ185万台も販売されたのに対して、6気筒モデルのみ(つまりW114のみ)がラインナップされた美しいピラーレスクーペモデルの生産は合計で約6.7万台に留まりました。2.5リットルの250Cと250CE、そして2.8リットルの280Cと280CEが前後期を通じて存在しましたが、本個体は72〜73年の間に7500台のみ作られた貴重な前期型の280CEとなります。

前述したように、外観上で前期型であることを示す特徴はWバンパーと簡素なミラー、三角窓、フルホイールカバーなどですが、インテリアに目を向ければリングタイプの大きなステアリングホイールが備わっているなど、クラシックカーファンにはたまらないアイテムが揃っています。後期型ではそのあたりが全てモダンに改められているのです。

外装うぐいす色、内装グリーンの本個体は、新車時に当時の正規輸入元であったウェスタン自動車によって輸入されました。73年に初年度登録され、そこから現オーナーが購入するまでずっと1オーナーだったそうです。オドメーターの表示は約7.5万キロ。各部の状態を見る限りにおいても実走行距離と言っていいでしょう。実によくオリジナル状態が保たれています。唯一、オリジナルでない点は社外品のダイナモを搭載している点です。

現オーナーは1オーナー時代の状態を極力キープされようと心がけていたようで、ゴム類なども所々ひび割れなどがありますが、決して見苦しい状態ではなく大事にされてきた味のある劣化という雰囲気です。ただし、ボディはオリジナルカラーでリペイントされている可能性が高いと思われます。こちらも数カ所、サビやペイント浮きが見受けられましたが、簡易な補修でカバーできそうです。

とにかく、見た目の雰囲気がとても凛々しい。足回りがシャキッとしているのです。手入れの行き届いていない旧車にありがちな、足腰のたるみがまるでない。遠目に見ても美しい佇まいを見せています。

ダッシュからシート、フロアカーペットまで緑というインテリアの状態がまた素晴らしい。シートコンディションは良好で目立った穴や破れもありません。サイドアームに穴がある程度でした。天井が少し垂れているのは気になるところです。

横に乗って走ってもらいましたが、DやRに入れた時のありがちなATショックもなく、快活に走っています。M110型6気筒エンジンからも異音の類は聞こえてきません。乗り心地も問題なし!見た目通りに足まわりもしっかり働いていました。

こんないい状態の個体、手放さない方がいいんじゃないですか?と現オーナーに質してみたところ、このクルマ(というか古い車で出かけること)が、どうもご家族からは不評だったようです。そこで家族用には別のクルマを購入し、新たに自分一人で楽しめるコンパクトなクラシックカーを探してみたいとのこと。

半世紀前に登場した“コンパクト”メルセデスベンツですが、実際には決してコンパクトとは思えない、ということのようです。

オリジナルコンディションの前期型W114クーペです。車検もたっぷり残っています。リアの長い美しいクーペスタイルを楽しむ絶好のチャンスと言えるでしょう。

車両スペック

年式1973
初年度19733
排気量2,746cc
走行距離75,500km
ミッション4AT
ハンドル
カラー鶯緑
シャーシーNo114072-12005598
エンジンNo110981-12-009190
車検20237
出品地域神奈川県
iOSアプリダウンロード
iOSアプリダウンロード