車両価格
3,100万円
( 成約手数料込 3,155万円 )

シングルクラッチ最後の スペチアーレ

フェラーリを今日の成功へと導く大きな力となったのが、多くの人を虜にしてきたV8エンジン搭載のミッドシップスポーツカー群でした。

70年代半ばに登場した308GTシリーズに始まる、いわゆるピッコロ(小さな)フェラーリシリーズは、90年代に入るともはや“ピッコロ”ではなくなり、性能面でも12気筒を積むフラッグシップモデルを脅かす存在にまで成長します。

なかでも、94年のF355GTシリーズ以降、AT免許でもドライブ可能な2ペダルトランスミッションを手に入れると、V8エンジンをミッドに積んだフェラーリは、ラインナップのなかでも最も人気のある跳ね馬として、フェラーリマニアから支持されてきました。また、エンジンパフォーマンスや信頼性の向上も、人気アップの主な要因でした。

F355が360モデナへとプラットフォームごと代替わりすると、それまでの特徴であったリトラクタブルライトのスーパーカースタイルにかわって、空力を重視した固定ヘッドライトのクーペスタイルとなり、スポーツカーとしてもいっそうの進化を果たします。また、ワンメイクレースとして人気を呼んだ“チャレンジ”シリーズ用レーシングカーのイメージを引き継いだ高性能仕様のロードカー、チャレンジストラダーレが登場。V8ミドシップ跳ね馬の人気は爆発的に上がり、以後、モデル末期にスペシャルグレード=スペチアーレ、の投入が定番化しました。

360モデナがF430へ進化すると、その最終型として登場したのがF430スクーデリアでした。デビューは2007年フランクフルトショー。F430に比べて大幅に軽く仕上げられていたため、エンジンパワーがノーマルF430 から20psアップの510psであったにも関わらず、その走りはスリルに充ちたものでした。最後のシングルクラッチ2ペダルトランスミッションのV8ミッドシップで、変速スピードが最速となったF1スーパーファストを積んでいました。

車体中央に入ったグレーのストライプと、より開口部の大きなフロントグリルバンパー、そしてリアバンパー二本出しのテールエンドにより、ノーマルモデルとは比較的簡単に区別することが可能です。

当時、クーペより人気のあったF430スパイダーをベースに世界499台限定でスクーデリアスパイダーM16も生産されました。F430スクーデリアのスパイダー仕様で、現在ではプレミア価格で流通しています。


西川淳の、この個体ここに注目!

見るからに大切にされてきた感に溢れるビアンコ・アヴスのF430スクーデリアの登場です。F430スクーデリアの極上個体を探しておられる方、この機会を逃さないでください。

走行距離わずかに3500キロ。目立ったキズは全くと言っていいほどなく、そんなはずがないと一生懸命探した結果、フロントバンパーにピンホールがあった程度。ホイールは4本とも無傷で、灯火類にはくもりも一切なく、キズの付きやすいフェンダー内側にまで保護フィルムが貼ってあるため、ほとんどパーフェクトと言っていい。インテリアを見渡しても、乗り込んで使った形跡を見つけることが難しい。ペダルなんて新車のよう。むしろ3000キロ以上走ったことが奇跡に思えてしまうほどです。新車から大切にされてきたオーナーの、この個体に対する愛情の深さに驚くほかありません。

もはや、あれやこれやと説明するまでもないでしょう。素晴らしいコンディションを写真でじっくりご確認ください。

車両スペック

年式2009
初年度20099
排気量4,308cc
走行距離3,465km
ミッション6 semi-MT
ハンドル
カラービアンコアヴス
シャーシーNoZFFKZ64J000167974
エンジンNo
車検20214
出品地域兵庫県
iOSアプリダウンロード
iOSアプリダウンロード