快適デイリーユース、 サーキットもシアワセ

アウディ初のスーパーカー、R8。アルミスペースフレームボディのミドに4.2リットルV8もしくは5.2リットルV10を積み、4WDでそのパワーを余すところなく路面へと伝える、よくできたミドシップのスポーツカーとして評価の高いモデルです。

初代は、2003年登場のコンセプトカー“ルマン・クワトロ”を経て、2006年にデビュー。2016年まで生産されました。現在は二代目となっています。

ミドシップカーであることがひと目で分かるユニークなスタイリングが魅力。エアインテークを兼ねたサイドブレードがアクセントとなっていますが、実はこの存在こそ、R8というミドシップスポーツカーの、フェラーリでもなくランボルギーニでもないという、立ち位置を明確に示すものでした。

ドアの後に大きなサイドブレードがあるということは、そのぶん、ホイールベースが長いということ。要するに、ミドシップカーであると同時に、実用性を重視したパッケージングになっているということをよく表しています。

それゆえ、フロントフード内に100リットルもの積載容量を確保していることに加えて、2座シートの後にも90リットル規模のシェルフが備わっています。これがちょっとした荷物置きとして非常に有効だと言えるでしょう。

さらに、R8の魅力はというと、“アウディらしく走る”こと。アウディらしく、とは、誰もが気兼ねなく安心してモダンなテイストの走りを味わえることを意味します。要するに、このスタイリング、もしくはスーパーカーというフレーズから想像される上級者向けイメージはまるでなく、免許さえあれば、アウディとして誰でも気楽に転がすことができるということ。そのためにキャビンスペースも十分広く取ってあり、各種の操作系もとても判りやすく、結果、ドライブに特別なテクニックや精神力を必要としません。

そのくせ、ひとたびサーキットで手練のドライバーが操れば、理想的なミドシップスポーツカーとして振る舞う。ドライビングプレジャーは高く、なかでも初代にあった8気筒+3ペダルミッションは、秀逸なハンドリングマシンとして、世界的にも評価の高い一台となっています。

クーペとスパイダーがあり、それぞれにV8とV10を用意したのも、初代の魅力のひとつでした。


西川淳の、この個体ここに注目!

ほぼ初代の最終年式となる4.2リットルV8のR8クーペです。ブガッティシロン風のボディカラーはラッピングによるもの。青いラップの裏には、ホワイトにカーボンブレードのコーディネートが隠れています。

アメリカ製の社外ホイール(ターコイズブルーの特注品)を履いていますが、ノーマルホイールも付属。マフラーも社外品で、なかかな迫力のあるサウンドを響かせていましたが、これもノーマル部品があり、元へ戻すことは可能です。前後やサイドのエアロパーツも社外品です。

走行距離もまだ9000キロを超えたばかり。インテリアなどは新車同然で、見た感じ、車内外にこれと言って大きな問題のない一台だと思います。このままブガッティ風のユニークな雰囲気で乗るもよし、エレガントな元の状態に戻すもよし。非常にバランスのいい、毎日乗れるスーパーカーを一度試されてみてはいかがでしょうか。

車両スペック

年式1970
初年度19701
排気量4,163cc
走行距離9,396km
ミッション6AT
ハンドル
カラーホワイト
シャーシーNo7001722
エンジンNo
車検平成327
出品地域宮崎県
iOSアプリダウンロード
iOSアプリダウンロード