車両価格
3,280万円
( 成約手数料込 3,460.4万円 )

最後の12気筒NAミッドを 今すぐ楽しむ

日本において「スーパーカー」というカテゴリーを確立したクルマといえば、ランボルギーニカウンタック(ちなみにカウンタックと言っても海外ではまったく通じません。正式にはクンタッチ)でしょう。

大きなV12エンジンをドライバーの背後に縦置きにしたミドシップカー。それゆえ驚くほどに平べったいスタイリングと、上方に跳ね上がるスィングアップ“シザー”ドアが必要となり、当時のクルマの常識を超えたスタイルで登場しました。

カウンタックが登場した1974年以来、ランボルギーニのフラッグシップモデルは、ディアブロ、ムルシエラゴと進化をはたし、キング・オブ・スーパーカーとして君臨し続けます。

ムルシエラゴの最終車両(4099台目)がラインオフしたのは2010年末のこと。翌2011年2月には新フラッグシップモデル、アヴェンタドールLP700-4の生産が始まりました。エンジン縦置き(LP)、700馬力の4WDモデル、という意味の車名です。もちろんアヴェンタドールという名前もまた伝統に則って闘牛の名に由来しています。

完全新設計の軽量かつコンパクトな60度6.5リッターV12自然吸気エンジンを搭載。トランスミッションはISRと呼ばれる2ペダルシングルクラッチシステムで7段変速。これに軽量かつ精密な制御のハルデックスⅣタイプ電子制御式4WDシステムを組み合わせています。

ランボルギーニはその後、アヴェンタドールのロードスターモデルや限定車のアニヴェルサリオ、SVなどをリリース。マイナーチェンジでアヴェンタドールSへと進化をはたすと、再び限定車SVJを発表しました。

アヴェンタドール後継モデルは、V12NA+電気モーターのハイブリッドモデルになると発表されています。ピュアNAの12気筒をミドに積んだ最後のランボルギーニとして、アヴェンタドール人気は今後も衰えることはないでしょう。


西川淳の、この個体ここに注目!

727台目に生産されたアヴェンタドールLP700-4です。ガラス製のエンジンルームカバー以外、これといってオプション装備のないところからも、ごく初期に生産されたアヴェンタドールであることが判ります。

ファクトリーラインオフは2012年3月。おそらくはドバイに向けて出荷され、その後、中古並行車として2018年前後に日本へ輸入されたと推測されます。

ごく控えめながらも有名なマンソリーのフルキット(フロント、サイド、リア、ウィング)を装備。マフラーはクライススジーク製に換装されていました。

外装ホワイトに内装ブラックというシンプルな組み合わせも、派手なコンビネーションが増えた今となっては逆に貴重かもしれません。2011〜12年のころは、限られた色、限られた仕様のみ生産されていました。

各種プロテクション(コーティングやガラス保護など)も充実していますが、現オーナーはアヴェンタドールの魅力にはまってよく乗られているため、ホイールやフロントスポイラー、サイドステップなどにいくつかキズも散見されます。ただし、キズのあるパートはたいていマンソリーのキット上でした。

決して、極上のコンディションというわけではありませんが、アヴェンタドールをがんがん乗って楽しみたいという方や、ドレスアップベースに欲しいという方には、ちょうどいい選択肢ではないでしょうか。

車両スペック

年式2012
初年度20187
排気量6,498cc
走行距離19,000km
ミッション7ISR
ハンドル
カラーホワイト
シャーシーNoZHWEC1473CLA00727
エンジンNo
車検2021(R2)7
出品地域北海道
iOSアプリダウンロード
iOSアプリダウンロード