奇跡のシングルナンバーZ

日本を代表するスポーツカー、フェアレディ。デビュー当初はオープン2シーターモデルでしたが、海外マーケット、なかでもアメリカ市場を強く意識して開発された2シーターGTカーのS30型は、車名にZを付け加えたGTスポーツカーとして生まれ変わりました。

日本仕様は基本、L型ストレート6の2リットルSOHCとなっていましたが、アメリカ向けに2.4L、2.6L、そして2.8Lまで用意されました。エアロダイナノーズ仕様の240ZGや、4バルブ・3キャブ・2カムのS20型2リットル直6DOHCエンジンを積むZ432は国内専用モデルで、今では日本車有数のコレクターズアイテムになっています。

74年にはホイールベースとルーフを延長し+2とした2by2モデルも追加されています。


西川淳の、この個体ここに注目!

70年、つまり昭和45年式というから、前期型ですね。ステアリングホイールのスポークに穴がなく、ハッチゲートにダクトがあることからも、前期型であることが分かります。

京5シングルナンバーという点が、最大のウリと言っていいでしょう。できれば、このナンバーを継承できる方に乗っていただきたい。車体同様、ナンバーもまた、日本の場合は歴史そのものなのですから。

現オーナーの手に渡る前は、1オーナーでした。それゆえ、新車時のナンバーが継承された。元々、ホワイトの個体でしたが、途中でいちど赤にオールペイントされ、ふたたび白に戻されました。最後のリペイントがおよそ20年前とのこと。マフラーなどオリジナルパーツに交換済みで、スチールホイールも再塗装され、見た目はほぼオリジナル状態となっていますが、インテリアを含め全体的に使用感はそれなりにあって、ヤレも散見されます。ピカピカの状態を望む方やコレクション用には向きません。

歴史を感じながら、乗って楽しむ派にオススメの個体です。

車両スペック

年式1970
初年度1970
排気量1,998cc
走行距離
ミッション5MT
ハンドル
カラー
シャーシーNoS30-01254
エンジンNo
車検2019(R1) 11
出品地域京都府
iOSアプリダウンロード
iOSアプリダウンロード