憧れの戦前趣味への ツウなとば口

1921年から39年にかけて、フランスに存在した「アミルカー」というメーカーを今でも知っているという方は、よほどのヴィンテージカーマニアか、クラシックラリーファンでしょう。

なかでも、よく知られているモデルがCGS(アミルカーCのグランスポーツ)およびCGSS(同グランスポーツ・シューベッセ)。シューベッセとはフランス語で“低めること”を意味しますから、CGSSはCGSの“低車高”バージョンだったことが分かります(実際には、低いだけでなく、ホイールベースも短かった。つまりはよりスポーティな仕様でした)。

戦前のヨーロッパにはサイクルカーと呼ばれる小型4輪車を生産するメーカーが無数にあり、なかでもフランスには、このアミルカーのほかにも、BNCやサルムソンといったサイクルカーのスポーツモデルを得意とするブランドがいくつもあったのです。ブガッティはさしずめ、その親玉、でしょうね。サイクルカーとはさすがに呼びませんが。

スーパーチャージャーエンジンを載せたアミルカーCGSSが1927年のモンテカルロラリーで優勝するなど、当時は高性能なスポーツカーとして、高く評価されていたのです。

ちなみに、アミルカーというブランド名の由来は、創始者の名前をアナグラムしたもの、と言われています。


西川淳の、この個体ここに注目!

日本のエンスージアストが個人で輸入し、レストア途中に引き取った現オーナーが、ほぼ完璧なランニングコンディションへと仕上げた個体です。海外ラリーを含め、クラシックカーラリーへの参戦実績も豊富なため、現状のままでもすぐに、どの国内イベントにも参加できると思われます。有名クラシックカーガレージにて整備済み。

全長3.4mと、軽自動車並みの大きさですが、ドライバーズシートとナビシートを前後にオフセットして配置するというユニークなコクピット設計になっているため、大柄な人でもコンビを組んでラリーに参加できそう。ちなみに、オリジナルではペダル配列がCAB(アクセルペダルが中央)ですが、さすがに乗りづらいため、一般的なCBAへと変更されています。

ラリーへの参戦実績も豊富なオーナー曰く、「軽いから、千ccでもけっこう速いんだよ」、とのこと。戦前車でクラシックカーラリー参戦は、自動車趣味の究極のひとつ。たいていの大会では、年代の古いモデル順にゼッケンが渡されます。1928年式であれば、ほとんど全ての国内イベントでシングルナンバーのゼッケンが付与されるはず。アミルカーでいきなりメジャーデビューしてみては?

戦前モデルのため、オリジナル度合いなど判断できないところもあります。現車要確認にて、ご検討ください。

車両スペック

年式1928
初年度20143
排気量1,074cc
走行距離
ミッション3MT
ハンドル
カラーブルー
シャーシーNo0455
エンジンNo
車検2017(H29)2
出品地域東京都
iOSアプリダウンロード
iOSアプリダウンロード