車両価格
1,350万円
( 成約手数料込 1,405万円 )

真に“上がり”の一台というにふさわしい

ベントレーコンチネンタルとロールスロイスコーニッシュという兄弟車の解説

クルマ好きにとって“あがりの一台”、“行き着くところ”は何か。ロールスロイスのコーニッシュなどはその筆頭でしょう。

コーニッシュ。もともとはベントレーの試作車(1939年製)に使われていたネーミングでした。

ベントレーは1931年からロールスロイス傘下に組み込まれています。戦後の60年代後半になって、ロールス&ベントレーは4ドアサルーンのシルバーシャドウ&T1をベースとした2ドアクーペ&ドロップヘッドクーペ(オープン)をコーチビュルダーのマリナー・パークウォード社に造らせます。

イタリアのカロッツェリアと同様、戦前のロールスロイスはメーカーがナカミ(シャシーやパワートレーン)を造り、ボディパネルは外注先のコーチビュルダーが客の好みに沿って製作していました。戦後になるとロールスロイス社も独自にボディパネルを生産します(スタンダードモデル)が、クーペやコンバーチブルといった特殊なモデルは相変わらずコーチビュルダーに頼っていたのです。マリナー・パークウォード(MPW)は当時英国に200以上も存在したコーチビュルダーの頂点ともいうべき技術を持つ会社でした。

71年になるとロールスロイスおよびベントレーは2ドアクーペ&オープンのモデルに“コーニッシュ”という名前を使いはじめます。そして82年以降のコーニッシュはオープンモデルのみとなり、84年からはベントレー用に独自の名称“コンチネンタル”が与えられて、コーニッシュはロールスロイスの、コンチネンタルはベントレーの、それぞれ2ドアモデルに与えられる専用名となりました。

エンジンは伝統の6・3/4千cc(6747cc)のアルミ合金製V8OHVで、熟練の職人によるハンドビュルド品。コンチネンタルおよびコーニッシュのメカニズムは基本的に同じ年代のサルーンのものを使っていますが、ボディパネルはMPW謹製。イメージこそシルバーシャドウなどに似るものの同じパーツは全くと言っていいほどありませんでした。つまり仕上げのまるで違う完全に独立した一つの工芸作品だったのです。

コンチネンタルシリーズはコーニッシュ系に比べて非常に数が少なく、シリーズ1〜4までの生産台数で比べると、コーニッシュがおよそ3400台であったのに対して、コンチネンタルはわずかに470台と、1割強しか作られませんでした。 


西川淳の、この個体ここに注目!

91年式のベントレー・コンチネンタルシリーズ3です。生産台数わずかに180台というなかの一台で、当時の正規代理店であったコーンズ&Co.によって輸入された、いわゆるディーラー物。しかもありがちな北米仕様ではなく欧州仕様という日本人好みの個体です。新車当時、今からちょうど30年前になんと3900万円のプライスタグを付けていました。

現オーナーはこの年代のベントレーをこよなく愛するエンスージアストで、日本でこの時代のロールスロイス&ベントレーといえば“ここしかない”といわれる名店、東京のシーザートレーディングから4年前に購入されました。以来、距離はわずかに3000kmほどしか伸びておらず、現時点でオドメーターは27000kmを刻んでいます。

「シーザー認定号」として販売されただけあって内外装はもちろん、機関系も含めてそのコンディションは申し分ありません。あまりにパーフェクトで、この個体に限っていえば現車確認をしなくても写真だけを頼りに買って“間違い”はないことでしょう。

とはいえこちらも現車確認にわざわざ現オーナーのガレージまで出向いたわけですから、多少ムキになってアラを探してみたところ、見つけました!フロントバンパーの左とリアバンパーの右にそれぞれ2ミリほどのキズ。あとはボンネット裏のカバーが外れかけていることくらい、でしょうか。いずれにしても大した問題ではありませんが。

ちなみにタイヤ&ホイールはノンオリジナル。現オーナーの好みでコンチネンタルT用を履いています。こちらのほうが乗り味はいいとのこと。もちろんオリジナルのホイールも付属します。

前述した欧州仕様であることに加えて、ホワイトのボディにクリームの幌、セントジェームズレッドの内装という人気ナンバー1のコーディネーション。ウレタン塗装の艶やインテリアの赤レザーの状態は30年前のモデルとはとても思えません。二本の赤いコーチラインもきっちり残っている。嬉しいのは幌の状態がよく高価な幌カバーもちゃんと残されていること。一部の構造物が木製となっているソフトトップは、そこが腐ると総張り替えになってかなりの出費が伴う、のだそう(シーザートレーディング宮本さんに以前教えていただいた)。幌カバーにいたっては当時から高額なオプションで、そのうえコンディションの良いものはほとんど残っていないと言います。

ウッド貼りピクニックテーブルやフロントスポイラー、フライングBマスコットなど人気のオプションアイテムも備わった究極の、さらに極め付けの一台。おそらくコーニッシュ系も含めて、この個体に匹敵するコンディションはなかなか出てこないと思われます。

真のマニアに乗って欲しい、ベントレー・コンチネンタルをガレージに収めるチャンスです。

車両スペック

年式1991
初年度199112
排気量6,747cc
走行距離27,000km
ミッション3AT
ハンドル
カラーホワイト
シャーシーNoSCBZD02A8HCX30604
エンジンNo
車検202212
出品地域東京都
iOSアプリダウンロード
iOSアプリダウンロード