ようこそ! クラシックフェラーリの世界へ

ディーノ246GTシリーズの後継モデルとして308GTシリーズが登場したのは1975年のことでした。その後、V8ミドシップ・フェラーリの歴史は最新の488GTシリーズに至るまで途切れることなく、そしていつの時代も“最も人気のある跳ね馬”シリーズとして、世界の注目を浴びてきたのです。

V8シリーズに限らずフェラーリの各シリーズは、2世代ごとに大きくメカニズム変更を受けることを常としています。たとえば直近の488GTシリーズは、458GTシリーズのビッグマイナーチェンジである、ということも可能です。

その考え方に即せば、新たな跳ね馬入門機として85年までつごう十年間にわたり生産され大人気を博した308GTシリーズの後継機である328GTシリーズもまた、308シリーズ最終型=クワトロバルボーレをベースとしつつ内外装およびパワートレーンをビッグマイナーチェンジしたモデルであった、と考えていいでしょう。

基本的なボディシルエット(フェンダーやルーフ、ウィンドウまわりのデザイン)はそのままに、前後バンパーの意匠をぐっとモダンに誂え、エンジン排気量も3.2リットルまで拡大しています。最高出力は270bhpとなり、ここにきてようやく、3リットルのキャブレター付きエンジンを積む最初期型308GTBのパフォーマンスを上回ることができたのでした。

インテリアもぐっとモダン(とはいえ、今から見れば立派にクラシックでシンプル&スパルタンな造作ですが)になり、洗練度も増しています。

308GTシリーズと同様に、二種類のボディスタイル、つまりベルリネッタのGTBとスパイダー(タルガトップ)のGTSが用意されました。アメリカ市場を中心にして当時はGTSが圧倒的な人気を誇っていたため、シリーズ生産台数の約6分の5はGTSボディだった、と言われています。その事情は日本市場でも同様で、それゆえ市中に出回っている328GTの多くはタルガトップ仕様のGTSであるというのが現実です。

86年から89年までの4年間生産されたのち、328GTシリーズは348GTシリーズへとバトンタッチすることになります。348GTシリーズからはさらに排気量を上げたV8エンジンがドライバーの背後に、今度は縦置きされるようになりました。328GTシリーズはディーノから続くエンジン横置きの跳ね馬ミドシップシリーズ最終進化系だった、ということもできるでしょう。


西川淳の、この個体ここに注目!

全体的にきれいなコンディションと高いオリジナル性を保ったヨーロッパ仕様(ドイツ向け)の個体です。GTBの生産台数はシリーズを通じて1300台前後と言われていますから、希少性で言えばF40に近いものがあります。年式は88年で、ホイールのセンターが盛り上がっていることから後期型であることが伺えます。

ドイツ向けの個体であったことは、サイドインテークの“金網”からも明らかです。本来、ここはエアインテークで網などありませんが、ドイツ仕様のみ、国内の規制のため網が張られていたのです。

ロッソコルサの外装にブラックの内装は、赤×タンと並び、当時の定番ともいうべきコーディネーションです。エクステリアの状態は、一部に再塗装箇所やチッピングなどが見受けられるものの、全体的にはキレイな状態で、もうひと磨きさえすれば、驚くほど素晴らしいコンディションになることでしょう。

インテリアも上々です。ドアの内張りやシートが少し白くなっていますが、黒革用のトリートメントクリームで養生すれば漆黒の輝きを取り戻すことでしょう。内装で注目すべきは、ルーフライナーやリアバルクヘッドの一部にレザーを使用している点です。当時のスペシャルオーダーであったと考えられます。

並行輸入された個体ながら全体的なコンディションは良く、さらに当時最もパワー感のあったヨーロッパ仕様パワートレーンのGTBということで、現代のハイパワーモデルにはない、全開で操る楽しみを満喫できることでしょう。

車両スペック

年式1988
初年度20093
排気量3,185cc
走行距離38,000km
ミッション5MT
ハンドル
カラーロッソコルサ
シャーシーNoZFFWA19B000078587
エンジンNo
車検20182
出品地域宮崎県
iOSアプリダウンロード
iOSアプリダウンロード