車両価格
2,300万円
( 成約手数料込 2,355万円 )

人とはちょっと違う クラシックランチア

アッピアは50年代のランチアを代表する小型サルーンでした。ファーストシリーズは1953年のトリノショーにてデビュー。エンジニアリングを担当したのは、かの名工ヴィットリオ・ヤーノです。ネーミングはもちろん、「街道の女王」として名高い紀元前312年に建設されたローマン街道“ヴィア・アッピア”に由来します。

わずか10度14分という狭角V4エンジンを搭載するこの小型サルーンには、スタンダードモデルのベルリーナ(セダン)のほかに、カロッツェリアによる様々な派生モデルが生産されました。ピニンファリーナによるクーペやヴィニャーレによるコンバーチブルなども有名ですが、最もスタイリッシュで個性的なモデルといえば、パッソ・ルンゴ(ロングホイールベース)となったアッピアシリーズ2をベースに生産されたこのアッピアGTEザガートでしょう。

アッピアGTEは1958年11月のトリノショーにて初披露され、翌年早々にはデリバリーが始まりました。ところで、このときザガートにとっては画期的な試みがなされています。それまでもランチアベースのスペシャルモデルを造った実績のあるザガートでしたが、このアッピアGTEは、ランチアのカタログに掲載され、ランチアのディーラーで販売される初めてのザガート車となったのです。

ヘッドライトがプレクシグラスで覆われているのが初期モデルの特徴です。59年秋には法改正に適合させるべくオープンヘッドライトに改められました。また60年にはそれまで53馬力だったV4エンジンが60馬力へとパワーアップを果たしています。

アッピアGTEザガートの総生産台数はわずかに200台あまり。そのうち53馬力エンジンを積むモデルは167台とも言われています。


西川淳の、この個体ここに注目!

ヘッドライトカバー付きの初期型アッピアGTEザガートです。日本ではおそらく本個体(2759)を含めて2台あるかないか。この個体は2012〜13年ごろに日本でレストレーアションを受け、赤いボディにペイントされました(白いストライプは現オーナーによるテープ加工です)。

非常に良好なコンディションを維持しており、なかでも機関系は長距離系のラリーイベントをこなせるまでに調整されています。ステアリングホイールやザガートシートは貴重なオリジナル品。細かなキズやヒビ割れが散見されますが、それもまた数々のイベントを走り抜いてきた証といえるでしょう。FIAペーパーも現在、所有者変更申請中となっています。

大変ユニークなクーペスタイルに取材中、何度も見蕩れてしまいました。とくにフロント周りのファニーな顔立ちや、スレンダーで伸びやかなサイドシーン、特徴的なピラーとフェンダーアーチ、そしてちょっとベティ風味のテールランプまわりなど、ディテールからフォルムまでそのデザインには見飽きるということがありません。白いラインが入ったことで、サガートによる大胆かつ繊細なデザインがいっそう強調されているようにも思えます。

ガレーヂに仕舞い込みたくなるようなデザインのクルマこそ、乗って楽しんで欲しいものです。

車両スペック

年式1959
初年度19969
排気量1,090cc
走行距離98,800km
ミッション4MT
ハンドル
カラーレッド
シャーシーNo812012759
エンジンNo424.05
車検2020(R2)7
出品地域京都府
iOSアプリダウンロード
iOSアプリダウンロード